BlueSpring ときどきDiary

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国 三日目

<<   作成日時 : 2009/08/26 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回の旅行ではソウルから少し足を延ばして、郊外にも行ってまいりました。
車で2時間 、水原(スウォン)の街へ、世界遺産である「水原華城」(スウォンファソン)を見にいきました。

水原(スウォン)に行く途中、「韓国民俗村」に寄り、150年前の伝統的な生活様式を再現した村を見学しました。
画像

「韓国民俗村」の正門前で。

画像


画像


画像

農家です。

画像

民俗村の中で行われる、「農楽ノリ」といわれる公演を見ました。
弾む農楽に合わせて男の子が舞うのですが、ジャンプをして、体を地面から45度くらいに傾けて、回転する様子に拍手喝采でした
オリンピック選手みたいな動きでした。びっくり

「韓国民俗村」を後にして、世界遺産の「水原華城」(スウォンファソン)へ。

画像


画像


画像

この「水原華城」(スウォンファソン)は、1794年、李朝の遷都計画により、水原に大規模な城郭が築かれましたが、遷都は果たせなかったそうです。
でも今も水原の街の中心を城壁が囲み、城郭や楼門など40あまりが残っているそうです。

画像

城郭内は見所が多く広いので、ポイントを絞ってまわらないと回りきれません。
これは「華虹門」とよばれる水上楼閣です。
華城を横切って流れる水原川の北側に建てられた水門で、世界的にも珍しいこの水上楼閣は、7つのアーチの下を水が流れる様子が美しく、街のシンボルでもあるそうです。

画像

「華虹門」を裏から見た所。

画像

華城内、お勧めスポットの一つだそうです。

画像

華城を出入りする4つの門の一つ、「長安門」です。
城郭の中の街ですから、市民の方はこの門を通り、出入りします。
水原華城の荘厳な北門です。何とも雄大でした。

画像

「長安門」の上は見学できるようになっていて、これは真横から見た所です。

画像

3日目の夕食は「サムギョプサル」です。
「サムギョプサル」とは豚の三枚肉のことで、ソウルでは焼肉の定番で、チェ・ジウさんなどの芸能人の方も好んで食べるそうです。

実はこの後、もう1軒、焼肉屋さんに行ったのです
ミョンドンにある「コムクッシチプ」
お席は満席。何が人気があるかというと〜〜
画像

この手打ちうどんをお野菜と一緒に煮込んだ「チョンゴルグッス」が人気なのです。
前回ここの「チョンゴルグッス」を食べ、その味が忘れられない主人が「もう一度!!」というので、明日は帰国だし〜〜。。。という訳で付き合いました。
が、、、体格が違うので(笑)、もう私の胃は悲鳴をあげていました

「水原華城」(スウォンファソン)の後ソウルに戻り、夕方、「昌徳宮」(チャンドックン)を見学していたのです。
この様子は、4日目でご覧くださいませ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぷにちゃんがうつってる〜〜〜〜!
何?焼肉屋さんのはしご?それはまたヘビーな、、、。スレンダーなぷにちゃんの、一体どこへ入るのか、、、。
韓国行きたいな〜。おいしかった?暑かった?暑いの苦手だから、諦めたんだけど、どう?う〜んやっぱり行きたいなあ。
おりばー
2009/08/26 17:46
おりばーちゃん、こんばんは♪
ブログ、読んでいただいてありがとう
3日目の水原観光は、ガイドさんが親切で、主人と私の2ショットばっかりを撮ってくれてね〜(笑)
民俗村と水原は、2ショットばっかりよ!(笑)

そうそう、焼肉屋さんのはしごよ〜。
実は1日目も2日目も、夕食は1軒で終わっていないのよ
必ず2軒目がついてきて、付き合うのも大変
だから画像にない、海鮮鍋やらチャプチェ、もちろんチジミ、韓国のり巻きまで食べていたのよ。
私は少しづつ、楽しんで食べました。
ほんと、どこに入ったんだろうね〜〜?
不思議だわ。。。。

やっぱり暑かったけど、ロッテワールドなんか、お子様連れに人気ではないかしら
ご家族4人で、楽しめると思いま〜す(^0^)


ぷに
2009/08/26 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国 三日目 BlueSpring ときどきDiary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる