BlueSpring ときどきDiary

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アーツ&クラフツ展」と銀座アルマーニでのティータイム

<<   作成日時 : 2009/03/17 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

先日、お友達のさえちゃんに誘われて、上野東京都美術館で開催されている「アーツ&クラフツ展」へ行ってまいりました。
美術館巡りが大好きなさえちゃんには、色々な美術展にお誘いいただいて、とてもゆったりとした時間を過ごさせていただいています

この「アーツ&クラフツ展」は、9世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動「アーツ&クラフツ」の広がりを、ウィリアム・モリスを中心とするイギリス、ウィーン工房がひときわ輝いたヨーロッパ、そして民芸運動が花開いた日本での美しい作品から紹介する展覧会です。
 装飾芸術の殿堂、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館との共同企画で、V&Aが国内の美術館などから、家具、テーブルウェア、ファブリック、服飾、書籍やグラフィック・デザインなど約280点を出品していました。
必見は、柳宗悦らが昭和初期に建てた「三国荘」の再現展示です。柳宗悦の収集品の中に、民芸の原点を見ることができます。

『手仕事の良さを見直し、自然や伝統から美を再発見し、シンプルなライフスタイルを提案する。アーツ&クラフツが生み出した精神は、現代の生活に影響を与えながら、今なお遠い理想のようにも映ります。モリスや仲間たちが作り出した家具や壁紙、当時の最先端都市ウィーンの前衛的な家具やグラフィック、「用の美」を見いだした民芸の美意識を味わいながら、生活のなかの芸術について思いをはせる機会となるでしょう。』(「アーツ&クラフツ展」紹介より)

ウイリアムモリス作のファブリック等は、トールのヒントになりそうな図柄も多く、クラシックなバックグラウンドに鳥がイチゴをくわえているデザイン等、内装用のファブリックに素敵なデザインが多かったと思います
素敵なデザインの葉書を買ったのに、家に戻ったらバッグの中に無いのです
「あれ〜、アルマーニに忘れてきたのかな〜〜」と思っていたら、さえちゃんより「なんだが、ぷにちゃんの絵葉書が、私の荷物に紛れているんだけど」とのメールが〜
どうしてそうなったのか、よくわかりませんが(笑)、あって良かった
また、手元に届いたら、ブログにアップしますね。

そしてそして、お決まりのティータイムは、銀座「アルマーニ」で楽しんだのです

画像

銀座4丁目、銀座通りに面した「銀座アルマーニタワー」の正面玄関です。
地下2階、地上12階建のビルで、10階がリストランテ、11階にあるのがデザートブッフェです

画像

デザートビュフェがあるの、まだあまり知られていないのかしら。。。
お席の数はあまり多くなくて、静かでゆったり、隠れ家的カフェでした

画像

私たちのお席から見た、4丁目の風景です。三越に和光の時計が見えます。

画像

まずは、4種類のメインのデザートの中から1つを選びます。
私は、「トリノ風アッフォガード」
何とも食べるのが惜しいくらいの、美しさです。
アイスがこってりとしていて、バターのようでした

画像
さえちゃんは、「温かいチョコレートのスフォルマート、ピスタチオのジェラート添え」
フォンダンショコラですね。。。
こちらも見た目も美しい〜〜〜

画像


画像

次から次へとケーキを運び(笑)

画像

このおしゃれな黒いグラスは、4階の食器の売り場で売っているそうです。
シンプルな中にも品があります。

小さめのショーケースに7種類ほどのミニケーキが入っています。
どれも甘すぎず、よくあるデザートビュッフェを想像していると、「少ないわ。。。」と思うかもしれませんが、一つ一つのクオリティは、間違いなく高くて、「流石〜〜〜」というお味でした。
ただ行った時間が遅かったので、ババロアやフルーツの盛り合わせの姿がなく、ちょっと残念
でもまた、行く口実になりますね(笑)
綺麗でおいしいデザートとお茶を頂きながら、二人でトールを語りあい、心地よい時間が過ぎていきました。
たまにある、こうしたゆったりとした時間は、リフレッシュに最高でした






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アーツ&クラフツ展」と銀座アルマーニでのティータイム BlueSpring ときどきDiary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる