BlueSpring ときどきDiary

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲しい旅立ち

<<   作成日時 : 2007/02/02 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

三男の小学校1年から4年まで一緒だったクラスメイトのママがお亡くなりになった。
クモ膜下だったそうです。
今晩、葬儀に参列してきました。
43歳というあまりにも早い旅立ちに皆、涙を流していました。
夕飯のお買い物でばったり会うと、そこから30分から1時間程立ち話が始まったりして、そんな元気な時の姿を思い出し、涙が流れました。
ご主人の生前の彼女の思い出のお話に泣け、中1のL君の「最後に母の顔を見てあげてください。」という挨拶に泣け、やっぱり男の子、涙をこらえていた姿が胸を打ちました。
お父さんと二人、大変な時もあると思うけど、ただただ強く、お母さんの分まで頑張っていってほしいと思います。
ご冥福をお祈りします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
くも幕下出血は突然世界が一変してしまって、助からなかった無念さと、その喪失感は、本当に想像を絶するものだろうと思います。でも、きっとお母さんは若いL君のこと、そばにいて見守り続けていくことと思います。
MK5
2007/02/03 05:29
まだ13歳の息子を残し、さぞ無念だろうと思います。
ご主人も「いつもそばにいて、見守っていてくれるから。そして倒れてから半年の間に、Lはとても強くなった。」とお話されていました。
これからもお母さんの思い出を胸に、お父さんと頑張っていってくれる事を願ってやみません。

ぷに
2007/02/03 07:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲しい旅立ち BlueSpring ときどきDiary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる